SRTのこだわり

機械の性能のみに頼るのではなく、“人の五感”で製品を創っています。

SRTがこだわっているのは、1本1本の製品に人が携わり、プロの目利きで創り上げること。ロボットやローダーなど最新の設備などを使いつつも、最後はあくまでも「人」の手による製造を大切にしております。お客様が1本のエンドミルを目にした瞬間の輝き、触れた瞬間の質感、 そして五感を通じて伝わる品質の高さ――それらは決して機械の性能のみで実現することはできません。人の感性で創ることで、五感に届くエンドミルは完成します。職人からお客様へ、人から人へと驚きと感動を伝える”匠”のなせるワザだといえるでしょう。

エンドミルの製造

高品質につながる加工方法

加工前は、必ず表面の汚れを落としたあと、加工機の揺れ測定を行い、ゲージで揺れを2ミクロン未満に抑えてからでないと加工に入りません。砥石のダレが始まる前に砥石を成形することも、万全の製品づくりにつながっております。

熟練のプロによる目利き

SRTの製品を創っているのは、優れた技術と知識を持つ熟練のプロたち。加工条件によって変化する刃物の形状についても、的確な補正値を入れることで、常に完璧な形を目指しております。また、音やにおいなど、五感を駆使して製品にかかる負荷をいち早く察知し、最適な形状となるよう創意工夫を重ねております。

高精度を実現する製造環境

精密かつ高硬度な切削加工を施すには、高精度な刃物が必要です。そのため、SRTでは一定の温度で加工できる環境を創り、温度による製品のばらつきを少なくしております。製造後には全製品の精度を検査し、基準値に達しないものは提供しておりません。こうした製造環境が、SRT製品の高精度を生み出しています。

私たちの取り組み

問題点を改善する製品づくり

SRTでは月に一度、製造ミーティングで問題点を話し合い、製品づくりに活かしております。また、再研磨の経験が豊富なため、切削工具の損傷具合で改善箇所が判明することも少なくありません。こうした取り組みから、日々より良い製品を追求しております。

ご要望に応える知識と柔軟性

SRTでは工具製作者がお客様のもとを訪問する場合もあり、よりニーズに合った製品を創れるだけでなく、形状に合ったコーティングもご提案できます。ときには、切削工具の話でお客様と盛り上がることも。また、どのサイズでもすばやく形状出しが可能です。

世界一を目指すプロの情熱

SRTでは、製作者も思わず惚れ惚れするほど、1本1本気持ちを込めてエンドミルを製造しています。完璧な製品づくりには、製造条件だけでなく、作り手自身の万全な体調管理も必要です。責任とやりがい、そしてプロの意識を持ち、世界一の製品を目指しています。

アルミナ系コーティング

耐熱温度が比較的高く、刃物に耐摩耗性や耐酸化性を付与したい場合におすすめです。

シリコン系コーティング

高い耐久性と耐熱性を有するため、高硬度材の加工でも刃物の長寿命化を実現できます。

クロム系コーティング

耐凝着性や摺動性に優れており、腐食防止の下地として用いられることもあります。

その他のコーティング

代表的な3種類以外のコーティングも承っております。お気軽にご相談ください。

※SRTでは、加工物に合わせたコーティングをご提案しております。「どのコーティングがいいかわからない…」という場合は、お気軽にご相談ください。なお、匠シリーズの標準品はシリコン系コーティングですが、ご要望のコーティングにも対応可能です(料金別途)。